風邪引いてました2006/09/19 23:36

風邪引いてました。

それなのにカラオケに行くなどという暴挙をしましたら,咳が止まらなくなりずっと養生しておりました。

もう大分元気になっております。

ツッコミたい2006/06/20 02:21

本日というか厳密には昨日の朝,ほぼ徹夜に近い状態で相手先へ納品へと参りました。

時間にはまだ早かったので,コーヒーショップで一休み。
2軒並んでいたので,空いている方へ参りました。
コーヒーを買ってから気付いたのですが,店にいる人全員が親の敵のようにタバコをふかしています。
紫の靄が立ち込めておりました。
コップを片手に店を出るわけにも行かず,なくなく席について,最終チェックをいたしておりました。

すると,向こうの方から,カップルの話す声が聞こえてきます。

「加持わぁ…」
「4バックだと…」

どうやら昨日のサッカー,日本対クロアチアのようです。
熱く語っています。
W杯何それ?という時代(90年でもそうだったんです)とは隔絶の感があります。

しばらくすると,
「ねぇ,知ってるぅ~」
「何,何?」
ジーコってブラジル人なんだって~
「へ~,そうなんだぁ~」

ズコッ!
まあ,確かに日本代表の選手や陣形を語るのに,監督の出身は関係ないのですが。

しばらくすると,上司と思しき人が,同席して話し始めました。
なにやら,盛り上がっています。
「カラオケの曲なんですけどぉ,ケンタの大冒険って曲があるんですよ。知ってますぅ?」

ん?

「ちょっと,変な曲なんですけど~」
説明が始まります。

・・・お嬢さん。
 キンタ マスカット ナイフで 切る
のは,“金太の大冒険”です。

しばらく,ケンタの大冒険は登場していました。

ああ!ツッコミたかった。


カラオケに入っているのはHI-MEというグループのカバー曲のようです。
http://webdb.joysound.com/dsong.php?id=2916

福岡配線期 Plus 家に帰るまでが遠足です2006/05/09 00:47

帰京の日。飛行機は12:30発。
昨日ですっかり終わっていますので,確認と挨拶のために9:30に現場に赴きました。
・ホテルのチェックアウトは11:00までに行えばよい。
・荷物の詰め直しをしたい。
ということでチェックアウトはしておりません。

現場にて,壁付けにしたケーブルの確認,端末の動作確認を行いましたが全て問題ありませんでした。
サーバ側の確認・昨日は居なかった職員への挨拶等をすませ,時刻は10:30。
そろそろ辞去しようと思っておりましたら,“ついでに全体説明をやってください”との声が。
 何時からですか?
 あと,20分ぐらいです。
 すいません,チェックアウトしてきます。
大急ぎでホテルへ戻って,荷物引っつかんでチェックアウト。
現場へととんぼ返り。

サーバ機2台のうち1台にはサンプルが一つしか入れてありません。
データを入れるついでにもう一度コピーのやり方等を説明しておきました。

さて,11:07です。説明開始。
 ~
 以上です,ご質問はございますか?
 では,これで終わりたいと思います。
と,終了したのは11:30。

空港までは二駅。みやげ物を買って荷物の整理をして・・・何とか間に合いそう。
頭の中で皮算用をします。


では,これでと言いかける頭を抑えられて,弁当をどうですか?の声が。
いや,飛行機12:30なのでこれでと伝えると,まあちゃっちゃっと食べてくださいよと畳み掛けられ,しょうがなく食べる羽目に。


4分で全て食べ,荷物をばひっつかんで,“これで失礼いたします”という挨拶もそこそこに空港線へと足を運びました。
二駅で空港到着,11:50。


出発ロビーへ上がり,土産物屋へダッシュ。
荷持つの整理をする時間が微妙なので,社用にとにかく小さなものを二つ選んで,家には明太子とちりめん雑魚。


デイバッグに無理やり押し込み手荷物検査場へ。
PCは出してくださいと貼ってあります。
何とか引っ張り出して,係りへ。
切符の確認で,チェックインしてくださいとのお言葉が。
座席も決めて,発券されているのでてっきり済んだと思っていました。
大急ぎで下の階へ。
チェックイン機に切符を突っ込んで,はい終了。
出発ロビーへ取って返します。


手荷物検査は無事通過。
今度は出したPCをしまわないといけません。
しまえません。
押し込むとデイバッグの口が閉じません。
しょうがないので上の部分の荷物を出して詰め直し。
汗だくになりながら詰め込み終了。
トイレへと足を運び,戻ってきたら,搭乗が始まっています。


どうせ大して変わりはしないと列が少なくなるのを待って搭乗。
席は非常口のところです。
出発までを本(「ヤバい経済学」)を読みながら待ちます。


客室乗務員も席についていよいよ出発なのですが,客室乗務員の方,私のまん前に座ってます。
アナウンスもしています。
じっと見つめる,訳にはいかないので,読書再開。
動き出して,はい離陸。
飛行機上昇中。
本読めません。かといって前を見続けることも出来ません。
横の人が身を乗り出し気味に窓を見ているので,横の窓を見ると,隣の人の横顔を眺めることになります。
しかたがないので,眼をつぶってました。
まるで,飛行機が怖い人みたいだなぁ(笑)。
左斜め前に非常口があって,そこにも窓がありますので,そちらをみたり眼をつぶったり。
ちょっとウトウトしたり。
水平になったら読書。

てな感じで霧雨の東京へ戻ってまいりました。

料理を待ちながら ~苦行は要りません~2006/05/08 09:24

天神から歩いて21時過ぎにホテルへと帰り着きました。
一休して、時計を見ると21時40分です。
さてと、気になっていたヨドバシカメラの上階にあるインド料理店「スジャータ」へと赴きました。

レストラン街の4階へと上がりますと左手に料理店、奥にゲームセンターが見えています。
新潟のドンキホーテの上もこうだったなぁ(遊戯店+料理店)などと思い起こしながら、ふらふらとゲームセンターへと足を運びました。

雑誌でしか知らないので、ラブ・ベリがあったら見てみよう(場合によってはやってみよう)と探してみましたが、TAITOステーションにはありませんでした。

ぐるっと一回りして、最近のゲームを確認、やって見たいゲームはなかったので料理店へと足を向けました。

料理店街の中ほどに目指す「スジャータ」はありました。
表のランチのセットにチキンブリヤニがあったので、ブリヤニもいいなぁと、ディナーのセットを眺めてみると残念ながら、ブリヤニはありませんでした。

店内に入ってみると日曜日の22時前後です、お客はいません。
こちらにと案内された真ん中のテーブルに座りました。
一人で来る場合、セットで頼む方がお得なので、メニューのセットの部分を眺めます。
グレードが上がるにつれて品数がただ増えていくのでなく、構成が変わっていることに悩みながら、カバブが入っているものを頼みました。

おそらくインド人と思われる男性の店員が辛さを尋ねます。
ところが、あまり上手ではない日本語が早口なので良く聞き取れません。
辛さのグレードが1~50まであると言っている様なのですが、いくらなんでも幅があるしなぁと悩みました。
5段階か10段階だろうとあたりを付けたのですが、辛いものは平気であっても味がわからなくなるので、間違えると大変です。さて、どうしようと逡巡しておりましたら、痺れをきらした店員が甘いのもできます、ちょっと辛い、辛いのもありますと説明しだしたので、ちょっと辛いを選択しました。

店員は立ち去り、持ってきていた「サッカーという名の神様」を読み始めました。
しばらくして、店員が近づいてきます。
早いなぁと思っていましたら、「お待たせいたしました」との言葉と共に水の入ったコップが目の前に。
水でしたか。

一口水を飲むと読書を再開。
一章ほどを読み終えたところでコツ・コツ、コツという足音が近づいてきます。
心持顔を上げますと、足音は目の前を通り過ぎていきました。
あれ?
すると
 お疲れさまー
 お疲れ様デスー
という声が店内を駆け抜けます。
帰る従業員の方でした。
その後も、2回ほど、コツコツコツ-来たか-お疲れ様です、を繰り返しました。
従業員減っていきます。
大丈夫でしょうか。
このまま、全員帰ってしまって、一人店内に取り残されるのでは、などという妄想も浮かんできます。

仕方がないので本を読んでいると、また店員が近づいてきます。
だまされるものかと、読書を続行、やはり通り過ぎていきます。
帰るのかと思いきや、やはりインド人らしい女性の店員は振り返り
 いち、にぃ、さん、し
席数を数え始めました。

私は目に入っているのでしょうか。
不安になります。

読書を続けますが、注意力が散漫になってきました。
厨房からは何かを焼く音が聞こえてきますので、大丈夫だと思います。思いたいです。
顔を上げたら、棍棒をもった店員が立っていて、笑みを浮かべダイジョーブ・ダイジョーブと話しかけながら殴りつけてくるというホラー的展開も頭をよぎります。

ヤンダだって来たというのに…(参照:よつばと5巻)。
こんなに読んでしまっていいのだろうかと思うほど読書が捗ります。
なんかさとりがひらけそうだなぁ。

悟り、啓けませんでした。
料理来ました。
 お待たせしましたぁ
はい、待ちました。

セットにはプーリーが付いていました。
プーリーとナンの違いってなんなのだろう、地方?合わせる料理?など考えつつ、ガツガツと食べます。
食後にしてもらったチャイはアイスチャイがやってきてびっくり。アイスもあったんですね。
残念ながら水っぽく、スパイスの香りも薄め美味しくはありませんでした。

支払いを済ませるときにレジにあった“ガムのようなものです”というスパイスの粒を混ぜ合わせたようなものを“ご自由におとり下さい”ということなので、もらおうと思っていたのですが、うっかりそのまま店外へ出てしまいました。
戻ってもらうのも何なのでいつになるかわからない次回にしました。

ちょっとコンビニに寄ってホテルに戻ったら、すでに11時をまわっていました。
食堂街は11時閉店ですので、かなりギリギリまで居たようです。
オーダーストップは眼に付かなかったのですが、もしかしたらオーダーストップぎりぎりに行ってしまったのかもしれません。
何はともあれ、読書はたっぷり出来たし、料理は良かったので満足いたしました。

福岡配線記 最終日 なんと!出だしから…2006/05/08 01:41

朝セットしておいたアラームが鳴る。
止める。←想定済み
次にモーニングコールが鳴る。←これどどうだ
止める。←ヨシ!
ベッドに戻る←あれ?
もぐり込む←あれあれ?
寝る←あれーっ!

はい、寝てしまいました。
遅刻です。
眼を醒ましてびっくり。予定時刻を1時間オーバー。
着替えをすませて大慌てで現場へ、…行かずに駅へ。
駅で、昼食用の弁当を買う(“ゆふいんの森”が無いので代わりに“ゆふいん号用に開発されました”と書いてあった“香草物語”にしました。)。
引き返して、現場へ。

鍵を開けて部屋へ。
荷物を置いたらまずはサーバ機をセットアップ。
途中で、テスト用の動画ファイルが無いことに気付きました。
さて、どうしましょう。送ってあるDVD-Rはどこにあるのかわかりません。
仕方が無いので、なぜかノートPCに入っていた『DAICON IV OPENING ANIME』を使用することにしました^-^;。
(非合法なものではなくw、「庵野秀明公式Webサイト」内の展示のANIMATIONのところにあります。
http://www.gainax.co.jp/hills/anno/illustration6.html)

端末にて、動作確認。モニタの電源はかさばるので、ついでに机の下に落としました。
動作確認はOK。その後いくつかテストを行う。

さて、ケーブルを整理する前に昼食を取っておこうかと考えているところに現場の人登場。
。昨日の話しでは、WindowsNTのなんちゃらの資格を持っているという事でしたので、すぐ済むだろうと先に使い方の説明をすることにしました。

まず、ディスクからファイルをこのフォルダにコピーしてくださいと省略モードで話し始めましたら、そこで“それ、どうやったんですか?”と質問が。
こうやってドラッグしても良いですし、右クリックでコピー、フォルダに移ってペーストでも良いです。

あれ?もしかしてドラッグて言うだけじゃ駄目?
説明をフル・モードに変更。“マウスの左ボタンを押して、押したままずらしていって、下に見えているそのフォルダの上まで来たら放してください”。
全体の流れと問題点などを行きつ戻りつ(三歩歩いて二歩下がる)しながら、説明。
端末の使い方もループしながら説明。
“では、後はケーブル周りをきれいにしてますんで”と告げたときには1時間半(!)が過ぎていました。

とりあえず、遅い昼食。
宣伝文句にあったほどスパイスは効いていませんでしたが、おいしゅうございました。

10分で昼食、2分休憩。
さて、作業開始。
まず、モール。
ケーブルがむき出しになっている部分にモールをおき、カバーします。
次にケーブルの幹線部分を壁止め。
電源と入り混じったところを整理して、ばらけそうなところはテープで止めて。固定用具で壁留め。

快調快調。
各机周りのケーブル整備してゴミを片付ければ終了。
そこへ、現場の人がやって来て、“モニタの電源は掃除で引っ掛けそうなので上に上げてください”。どひゃー、確認しておけばよかったT T。

  1. 電源を上に上げて、机上のケーブルをモニタの裏に隠れるようにまとめる。
  2. 下の電源ケーブルをまとめ、床に付かないように止める。

これを繰り返す×14。途中、現場の人の無言のまだなのプレッシャーをうけつつひたすら作業。
終了時の時刻は16:50でした。
そこから、ゴミの回収開始。
17:00終了。
その後、保証書渡したり、もう1回説明したり、掃除手伝ったりしながら全て終了したのは18時ちょっと前でございました。

寝坊しなければ、きっちり終わっていたと、今更ながら激しく後悔。

ここから福岡彷徨記
“今日は大丈夫ですね”という声に大きくうなずきながら別れホテルへと戻りました。
シャワーを浴びて、メールチェックをして、ちょっとWebを見て、さて出かけましょうかと天神へと参りました。
軽食を取り、適当に地下街をひやかし、ジュンク堂へ行って本の内容を確認をしたり、うっかり本を買いそうになったり。

地下へと戻り、駅へと向かいましたが、気分が良かったので、博多駅まで歩いて戻ることにいたしました。
川を越え、川岸の屋台街を抜け(休日でしたがそれなりに開いていました)、向こうにキャナルシティが見えて参ります。
そういえばキャナルシティに行ったことがないなぁとキャナルシティへ立ち寄ってうろうろ。
上の階に映画館があったので、何をやっているのだろうか場合によっては観て行こうかと思うも、下には案内がなく、上まで行く気力はなかったのであきらめ、キャナルシティからは退散しました。
反対側へ抜けようとしたけれどどこが通じているのかわからずうろうろしたり、抜けてからもどこに居るのかわからずTVQを見つけて違う方向へ行こうとしていたことがわかったりしながら、なんとか博多駅まで到着。
ホテルは反対側なので、途中で買ったコーヒーを片手に駅を抜け、ホテルへと帰り着きました。

そこから、また出かけたのですが、それはまた別の機会に。
とっぴん。

新・配線記 今度は福岡だ! そして意外な伏兵が?!2006/05/07 01:54

7時半羽田着。
チケットレスで予約しながら、カウンターでチケットを発行してもらいました。
前日も確認しておいてこの様に。
ANAのサイトの説明がわかり辛いという事にしておこう^-^;。

出発は9時なので余裕があります。
そこで第2ターミナルを見て回ることにしました。
食べ物関係は店頭売りは8時ですが、店内飲食の店は10時開店がほとんど。
と、すぐに終わってしまったので、さっさとゲート通過することに。

引っ掛かりそうな物はすべて機内持込のバッグに入れて一発通過しました、

まずはゲート内を適当に見て回りました。
弁当がかなり増えています。
コーヒーショップにてスープ+アイスコーヒーで一休み。
お供は「サッカーという名の神様」(近藤篤、NHK 生活人新書)。
サッカーのある生活というか生活の中のサッカーというか、各国のそういうものが読めます。

機内にて、「ヤバい経済学」(スティーヴン・レヴィット, スティーヴン・ダブナー, 望月 衛 訳,東洋経済新報社)。
面白い。

福岡空港着。
地下鉄で博多に。
あとで天神等に出ることを考えて1日券(600円)を買いました(これが裏目にT T)。

二駅ほどで博多に。
駅弁を冷やかした後(ゆふいんの森弁当が売っていた!)現場へ。

挨拶もそこそこに現場を観察。
今回は設置13台。
壁に机五つ。そこからちょっと離れたところに四つの島が二つ。

 |□ □□
 |□ □□
壁|□
 |□ □□
 |□ □□
 |HUB

用意してあったケーブルの長さを確かめる。
OK。
まずは、奥の島用ケーブル15m×4をテープで巻いて15m×1本へ。
次に手前の島用ケーブル10m×4をテープで巻いて10m×1本へ。
最後に、壁の机用ケーブル10m×2+5m×2をテープで巻いて1本に。

端末を各机に設置。

まずは、奥の島用ケーブルを這わせ、島のところでばらして机上の端末に。
次に、手前の島用ケーブルを這わせ、島のところでばらして机上の端末に。
最後に、壁の机用用ケーブルを這わせ、適宜ばらして机上の端末に

各机にて、端末の電源・モニタの電源を接続。端末とモニタを接続。

時刻は17時、以上で、本日を終了することにしました。
順調に明日で仕上がりそうです。
「では、本日はこれまでにして、あすPCを接続して動作確認をします。その後ケーブルをきれいに設置して終了です」と告げたところ
「えっ?!今日だけと聞いてました。明日も来るんですか」(閉館のところを開けてもらってます)
「え~と、最初からその日程なのですが…」
「では、鍵を貸すので勝手に入ってください。」
「はあ。では13時半には仕上がるでしょうから、その頃来て下さい。説明します。」
ということで、明日は勝手に行って作業をすることになりました。

予定も決まったことだし、疲労困憊なので、さっさとホテルにチェックインして休もうと辞去しようとしたら、意外な言葉が。
「じゃ、お食事でも」
「チェックインもありますし、大丈夫ですよ」
「いやいや、ちょっと待っててください」
と片付けを始めます。
「…これはだめだな…」と思い、ではチェックインして戻ってきますと告げて、3分ほど先のホテルにチェックイン。荷物を置いてリターン。
そして飲み屋へ。
イカの生き造などをご馳走になりました。
さあ、帰りましょうかという時になって今度は
「じゃラーメンでも行きましょうか」
orz。
はい、いきます。

1軒目は休み。次の場所を探しに。
はい、今度はやってます。
階段を下りて地下へ。
ラーメンはおいしゅうございました。

地上へ復帰。
「では、明日は適当にやってください。ゆっくりで良いですよ。」
終わりです。今度こそ本当に終わりです。
お疲れ様でした。はい、お疲れ様でした。
で、ホテルへ帰還。
時刻は21時。地下鉄に乗って出かける気力なし。
かくして、地下鉄1日券はその効力を発揮することなく無駄に終わったのでした。

間違い続けた1日2006/05/04 02:09

久し振りに休んだら頭がボケたのか間違い続けた一日でした。

1.路線と駅を間違える

(東京近郊以外のみなさん位置関係の説明無しです。スミマセン<(_ _)>)

目的地は日本青年館のある信濃町でした。

ここで平沢進のライブがあります。

今いるのは池袋。

さて,どう行こうかと考えて,山手線で渋谷の先に信濃町があるから,埼京線で恵比寿まで出て(渋谷は山手線に乗り換えるのが面倒)引き返せばよいという結論に達しました。

恵比寿まで順調。山手線新宿方面のホームに行き,さて信濃町まで何駅だろうと路線図を見ましたら,・・・ありません。

山手線には信濃町という駅がありません。

ハイ,間違えてました。

代々木(or新宿)で総武線に乗換えです。

2.ライブで選択を間違える。

平沢進のInteractiveLiveでは観客の選択(声等)により展開が変わるのですが,ラストうっかり逆の方で声を出してしまいました。

まあ,そんな人間は少数だったので影響はなかったのですが。

3.駅への道を間違える

日本青年館から信濃町へ行こうとして,間違えて青山方面に行ってしまう(T字路で左に行くところを右に行ってしまった)。

来た道を引き返すだけなのに・・・orz。

4.帰りの電車を乗り過ごす

「次はふじみの~」(降りる一つ前の駅)の声で,その次だとと考えながら本を読み続けて,さてと思うと「次は新河岸~」(一つ先の駅)の声が。

やってしまいました。乗り過ごしです。

しょうがない次で引き返すかと,ホームに降り立ち案内板を見ると。

 “本日の上り列車は終了しました。”

の文字が!

とぼとぼと,萌え曲線→萌えと萎えの図解などを考えながら,30分程歩いて帰りました。

大阪配線記 最終日 残り20分で…2006/05/03 01:21

ということで、最終日です。

まず現場に向かう前に、新大阪駅へ寄り、必要なものだけ出して荷物をコインロッカーへ。

09:00
現場到着。早速作業開始。
まずはLANケーブルを適当にモールに収めて仮止め。
端末を設置して、モニタに接続。端末もモニタもAC電源がつながっていないので配線。
これを6台分繰り返します。
こちらようにもう1台HUBも設置。
サーバももう1台入れて最初の8台とは別ネットワークにするのですが、とりあえずHUB同士を接続。
はい、動作確認開始です。
あれれ?1台接続できない端末があります。
HUBを見たら認識されていません。
とりあえず、ケーブルを疑って、となりとケーブ交換。
ビンゴ!ケーブルでした。
ケーブルテスターにかけると、一本もつながっていません。
??
接触不良にしても一本もということはありません。
先のモジュラーの部分をよく見てみます。
端子はケーブルにささっています。
そのケーブルを良く見てみると…。
なんと、片側が逆につないであります。
これじゃあ、つながるわけないよ。
はい、作り直しデス。
昨日作ったときに全てチェックした記憶はあるのに…。
とはいっても、チェックしていたらわかるミスなので、チェックしていないことは明白です。
以後、作ったらすぐに確認と心に刻んでおきます。
作り直してチェックもOK。端末もOKです。

端末の動作確認が出来たところで、HUBを切り離し、もう1台のサーバのセットアップ。
場所を取ってしまうので、モニタ・キーボード・マウスは一組で切り替え機を使います。
これも箱から取り出して設置。
1台目のサーバOK。
2代目のサーバ…あれ?表示されません。
電源スイッチをもう一度押す。ランプ点灯なし。
はい、もうお分かりですね。古典的なミス。ACケーブルをさしてませんでした^-^;。
改めて起動。今度は無事表示。
端末ももう一度チェック。
全台OK。

ということで、クリーンナップ作業に入ります。
まず、モールにまるようケーブル6本を3本ずつの束にしてまとめます。
よじれを取っては真っ直ぐにして、テープをくるっと。
これをひたすら繰り返します。
簡単な作業ですが、のんびりやっているとあっという間に時間が経っていきます^-^;。
はい、もうお昼^^。
3本が終わったところでお昼。
用意されてあったアイスコーヒーとサンドウィッチを食べ10分で終了。

午後の作業開始です。
残りの3本を
 真っ直ぐの伸ばしてテープでくるっと。
を繰り返してまとめあげました。
モールに並べて上からふたの前に、LANケーブルをモールから出すところをハサミで切り取り。
ヤスリがないのでなめらか仕上げは断念。ケーブルの方に補強のテープを巻いておきました。
改めて、モールに並べて、取り出し口からケーブルを出して、ふた閉めです。
ふたを乗っけて手を当て体重をかけます。ほとんど乗っかる感じで。
ぱっちん、ぱっちん、ぱっちん。
ふた閉め終了ー。

ここで事務の人が、次の福岡に道具を送るのに、何時くらいに宅配業者に取りに来てもらったらいいか確認に来ました。
時刻を確認したら14:30。全部きれいにするのに1時間半あれば十分とみて16時に来てもらうことにしました。

最後の作業。机周りの整頓です。
電源ケーブルをまとめ。接続ケーブルもあまり部分をまとめて、ケーブルがごちゃごちゃにならないように。
テープ、ケーブルストラップ、タイマウントなどを使ってケーブルをまとめて壁に張り付け。
机の上も下も。
これを6台(+テーブルタップだけ4台)繰り返し。
あっという間に時間は過ぎてもうすぐ16時。
余裕なし!
急ピッチで終わらせ。道具・小物類を箱詰め。
16時ぴったりに事務所に運び込みました。

大きなゴミを片付けて余裕があるので、サーバの端末が見る部分を別方式にして試してみる。
ありゃーだめか。じゃ、元に戻して…。
?、あれ?ちゃんと表示されない。
しょうがないなぁ。端末の電源を入れなおして…、駄目?。
サーバ側のソフトを起動しなおし。ついでにHUBも電源入れなおし。
はい、これでどうだ!
…サーバが見えなくなりました。
ここで時刻は16:40。タイムリミットは17:00。残り20分です。
サーバ再起動。駄目。
端末再起動。駄目。
ヤバイ、ヤバイ。
焦る心を抑えつつ。
こーゆーときは、一からやり直しが鉄則。
端末落として。サーバ落として。
サーバ起動 …OK。
端末起動 …OK。
はい、表示
…… …OK!
ようやっと元の状態に復帰。
時計を見たら16:55.
ギリギリでした。

経過報告してはい、終了ー。
激動の三日間はこうして幕を閉じました。

おまけ)
帰りの新幹線でうとうとしているときにバッチリ配線をやる夢を見ました\(^0^)/。

ちなみに)
大変でしたが、これも得がたい良い経験。
机周りの配線のノウハウも多少なりとも身に付けました。
楽しかったです。